ki:blog

右手に萌えを、左手にネタを。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

秋よ来い早く恋

十六夜記の公式サイトオープンに心が躍る。
だって九郎さんが可愛い…!
秋発売っててっきり11月くらいかと思ってた。コーエーだから。まさか9月だとは思わなかった。コーエーだから。
きっと気持ち的には11月くらいに思っておいた方が良いんだ…最近はちゃんと出てるって聞きますけれども。
プレミアムBOXのラフ画、左にいる人が気になるんですがどなたでせう…。

===
……………やっぱりあっつんか…?
やたら凛々しいんだが(だって眉毛が上がってる)(笑)、あっつんなら普段着というより怨霊化前って感じがする。なんとなく。

…そんな妄想だけが先走る(笑)
早くララの10月号が出ればよいのに…。<気が早い。
時期的に明らかに販促であるがそんなことはどうでもよい。むしろ販促万歳熊野プリーズ!(笑)
遙かなる :: comments (2) :: trackbacks (0)

それでも全ては無駄ではなかったと

敦盛君プレイ終了ー!
すっごい美人さんね!(笑)ラストのスチルが大変良い。綺麗。



6章の倶利伽羅で玄武拾ってこようと思ったのに出来なかっ…た…!(がくり)
一番最初に取りにいかなきゃ駄目なんだね…。くそう。つか四神が朱雀しか居ねぇんですけどもこれはゆゆしき問題よね…。殆ど使わないけど。まぁいいか白竜ン時で…。

敦盛君はやっぱり経正さんとのお話が印象深い…。というか、泣きそうだった(笑)
行宮に残ると将臣に告げた時の別れの杯がー。ご武運を、て切ない言葉だなぁと思った。生きていて、とも違う言葉。武士としての運命を果たす。それは生きる死ぬの問題ではないんじゃないかと思った。
敦盛君は強くなった、といよりも、覚悟を決めたんだな、という印象だった。経正さんのことでなくて。経正さんがお前は強くなった、というのに少し違和感があった。もともと強い人だった気がする。ただ足りない物があった、という感じ。それが「強くなった」というならそうなんだろう。故にあっつんが落ち込んでいるのを見ても大丈夫だな、て思ったし。まぁそこで立ち直らなきゃお話進まないんですけどそれはさておき(笑)

最初の怨霊で最後の怨霊はうわぁうめーとか思った(笑)だから最後になんかあるのかなー、って思ったんだけど…。
あのEDって正直その後泥沼しか思い浮かばないんだけど…(笑)
怨霊であることが変わらない事実だとしたらすごい中途半端じゃん…!あの子その後どうするのよ?(笑)神子に浄化してもらうの?(笑)いっそあのまま消えた方が幸せなんじゃないかと思ってしまつたよ…。どちらにしろ痛いけれども。

あと敦盛君のときは将臣が落ち延びたって話が出ましたね他は無かったのに。平家話だからか。
つーか泣いてる清盛くんが可愛かった可愛かった…!
お前いくつだよと思ったけど(笑)怨霊化で記憶混乱してるせいか?あー、奥さん大事なんだなー、と…。つーかあの子寂しがりだよね(笑)息子大好きだよね(笑)

ただ清盛くんが敦盛くんを嫌っている理由が分からない…。駄目な子だから?
でも知盛は敦盛君嫌いじゃないんじゃないかと思った。お前が始まりだ、て。悪意があって言っているようには見えなかったから。経正さんと見てる、って、あの人なんだかんだ言って悪人になりきれない人だよね…。悪人なんだけど全部裏表みたいな。ひっくり返したくなるような(笑)

そんぐらいかな。
敦盛君は最初見たときよりイメージちがくて良かったです。過去の天玄武みたく蹴り倒したくなるようなヤツだったらどうしてくれようと思ったけど(笑)

次は景時さん目指す方向で。九郎に同行しないルートで景時、白竜、朔と弁慶さんのデータ作ろうかな、と。<は?
………ほっといてあげてください…(笑)
遙かなる :: comments (0) :: trackbacks (0)

ふたり くるくるくるり

↑聞くたびにぷるぷるぷるりって聞こえます。可愛い(笑)

あっつんプレイ中。
あの子は笑うと本当に可愛いね…。おやすみなさい、て笑うのは何度見ても最高だと思う(笑)5章を延々と繰り返した苦労が報われます(笑)

福原までやったので次は倶利伽羅から。
3章で相変わらず苦労した(笑)一の谷の奇襲云々あたり。最初山の口方面から攻め入ったら怨霊@敦盛くんと出会わなくって、でも攻略本にはそんなシーンがあって、アレー?と思ってやり直し。…したけども、一応敦盛くんが怨霊やってるのには出くわしたんだけど攻略本と違うの…なんでー。選択肢出てこな…い…(がくり)結局恋愛イベント的には無くても問題なかったみたいなんだけど、でも気になる…。なんで出ないんだ。

5章はやっぱり兄上とのおんがくかい…。思わず手をとめて聞いてしまったよ。それが貴方の覚悟かと。敦盛君は優しい子だけれどやっぱり武士なのだなぁと思った。過去の天玄武とは少し違う気がする。ちょっと詩紋君っぽいとこあるんじゃないかな。臆病というよりも、争いを避ける子で、自分の未来は見据えてる感じ。怨霊だけど(笑)つかこの天真の台詞はとても好きだ。ちゃんと見れる人なんだなーと思ってごめん天真誤解してたよ(笑)弱いだけの子ならきっと天真が詩紋を助けてやることはなかったんだろうと…話それた(笑)しかしそこいくと今回ヒノエがその役割なのかな。別当殿がただの臆病者に懇意になるはずもない。と、思う。

武士…というか、戦に挑む者の覚悟と強さ、を3の子たちには皆、形を変えて持っていて(譲君除く(笑))、とても愛しいなぁと思う。

今日中にクリアできるかな…。6章からだとそのままやっちゃいたいけど明日はお仕事…ノーン!
遙かなる :: comments (0) :: trackbacks (0)

問題ない

そんな台詞にちょっとキタ!て思った(笑)

リズ先生終了ー。
清盛に姑息呼ばわりされましたよ?お前に言われくないよ?(笑)




最初すっごい苦労して(とういか印刷した攻略サイトの情報じゃ足らなくて)、出ねぇ…!なんで!と攻略本とにらめっこすること数回。つまりあれな、メモに書いてあった…鵯越だっけ?あれの意味が分からなかったわけですよ(笑)分からずに駆け下りていたわけですよ。そりゃ攻略できねぇっつー話で。
ちなみにその後弁慶さんが例によって暗い顔して1人どっかに行ったわけですが思わず追いかけそうになったり…。だって追いかけ隊。

つーかあれな、リズ先生ってあのままおっきくなった感じだな(笑)エンディングでえ?と思って。一気に崩れた!みたいな(笑)大分びっくりしました(笑)だってなんだろう、あのラストのラブモードのあたりヒノエより子供っぽいと思ってしまったのは私だけですかそうですか……。どうなの34歳。背負っていた物を下ろした安心感かな…子供のように見えて逆に可愛いとか思ってしまったわけですが(笑)

ただ一貫して私リズ先生の話は正直微妙だと思った。というか、神子が好きじゃない…。先生しか見えてないんだもん(笑)戦場であんなによそ見してたら私が武将ならばお前帰れって言います(笑)つーかみんな神子に甘いだろ!と思いました。とくに敦盛くん(笑)
あとね、すごい気になったの。上書き。ストーリーはいいんだけど、あんまり上書き上書き連呼されるとさ…!
前々から思ってたけど会話文に上書きって変じゃないですか?なんでそんなメカニカルなの?(笑)日常会話で上書きとかゆーのはIT属性の人だけですよ…!(笑)会社に置いてあるお菓子をバックアップですとかゆうようなもんだよ!(笑)やり直す、とか他にあるじゃん…!
ゲームとしては分かるんだけど…なんだろうこれ。某さんが遙かソングの歌詞がおかしくて文脈に合わないってゆってた違和感ってコレに近いんじゃなかろうか。なんかもう上書きって出てくるたびに笑える(笑)なんかこう、FDDの音が聞こえる気がするのよ…!<しかも古い。あああまた上書きした上書きしたよそしてまたゴミファイルがたまr(ry そんな感じです(笑)

でも年上に憧れて、手に入れた時は年下で、ってのはどうなんだろうと思いました(笑)だめって意味ではなくて…どう解釈したらいいのか分からない(笑)リズ先生の気持ちがね。34にもなって「あの人」と言ってる辺り(笑)、やっぱりあの運命のサイクルから抜け出せて初めて彼は幼く時空を飛んだあの頃から進めたんじゃないかなー、という気もします。「お前はいつも正しい」ってあれも神子に対する言葉ではなく「あの人」への言葉だとするなら彼は師として伝えた言葉ではないと思うし。
清盛戦直後の彼はあまりにも…なんていうんだ。儚げ…じゃないな、こう、守ってあげないと、という感じで(笑)そうゆう解釈でいいのかな…。最近歳のせいか何かというと可愛く見えるんだよね…。うーん?(笑)

とりあえずそんな感じかなぁ。リズ先生カコイイ大好き!だったらごめんなさい(笑)結構好き勝手言ってる気がする…今更ですが。
どうでもいいけど鵯越がなんだったか調べようとググったら4○手出てきた(笑)えー…?(笑)

==
忘れてた(笑)
清盛戦、やべーどうしよそんなに先生強くないよと思って術がんがってたら主人公の単体攻撃の方が強くてちょっとがっくりした(笑)最初からそうすれば2、3ターンで終わったんじゃないのか!(笑)<火属性。

次、敦盛君行きますやっとだよ!(笑)
遙かなる :: comments (2) :: trackbacks (0)

恋の炎が翼となるぜ!

ヒノエの 嫁に なりました。




万歳三唱って!(笑)
思わず○ボタン連打してしまいますた。だって万歳三唱って。何なの(笑)最後の最後で笑わせてくれるぜ…!(笑)

とりあえず四章熊野参詣からやり直し。もっかい攫われてもっかい弁慶さんによろよろしつつヒノエルート突入。
あのねーヒノエはねーあのはにかんでるのか困ってるのか照れてるのかよくわかんない顔がとても好きなの…!(笑)あれが出ると思わず凝視。まず凝視。可愛くてたまりません(笑)
間章以降は完全にヒノエ・オン・ステージ!だね(笑)他が殆ど出てこなかったもん。あぁでも叔父と甥が並んでいるのを見るのは眼福でございました…ございましたよ…!(笑)
忠度の話は切なく。どのルートより忠度殿が良き武将に見えました。あぁこの人鎌倉に殺されに行くんだと思ったら涙を誘う。いっそこの場で終えた方が幸せだろうに…頼朝がどんどん嫌いになりますねこの話(笑)
途中、その場で斬ろうとした九郎を景時が止めるあたりって、九郎追討のための口実作りのアレだったんだろうかと思ったり。

そんでここで海に連れてかれて縛られるじゃないですか(笑)あの絵は如何なものかと思ったけどそれはさておき、最初に友人に電話したときにさ、ヒノエは束縛耐性覚えておかないと死んじゃうから。でも一度死なせてみるのも一興かもしれない。そんなアドバイスを頂戴しました。そしてまんまと置き去りにした私。や、だって見てみたいじゃん!(笑)束縛耐性だけは上げずに置いておきましたよえぇ。切羽詰ったヒノエの叫びにも似た台詞に愛を感じました。もうホントイイ男だな…!(笑)結婚後海に出るときもきっとそんな覚悟なんだろう。
2回も死なせる趣味は無いのでその後はあげておきましたが(笑)

7章なのに清盛との戦闘が来たのはびつくりしたよすぐ倒されたけど。というか惟盛が行き場所なくてここに納まった感があったのは私だけですか(笑)そういや京鎌倉倶利伽羅の怨霊封じに行ってねぇもんな…。でも虫も殺さぬ惟盛の話は良かった…。仲間を何よりも大切にするヒノエにとって、好意を持った知人を討つというのは。しかしだからこそ彼は頭領たるんだろうなぁと。

ラストはいっとー戦闘っぽかったですね。うぉらお前らどけどけぃ!みたいな(笑)知盛はいつも同じ最期だな…。ムービーがどっかで見たことある気がしました。アンジェにあんなの無かったか…?戦闘後の選択肢が全部みたかった(笑)
しかし熊野に戻ってから即結婚て…早いな!(笑)あの時代だからか。だからなのか。いや皆結婚してそうだけど(譲除く)、気になったのはヒノエだからでせうか。
でもスチルはキレイじゃった…。そういえば友人がヒノエは問題発言するよって言ってたんだけど結局何のことだったんだろう…。今度聞いてみよう。恥ずかしい台詞なら耐性があるので今更動じない(笑)おいで俺の花嫁とか言われても気にしない(笑)
カモメの意図もようやく分かった。お前それが言いたかったのかと(笑)あの人ストレートなのかそうでないのかが分からない…。いやストレートなんだろうけどなんか引っかかるんだよねー。いつも余裕ぶってるあの面を崩し隊。
そうはいいつつ心僅かに残っているらしい乙女心が掴まれて結構ヒノエによろよろでした(笑)策士なやりとりって大好きだしね…!


……あの、うん、…それでね?
ヒノエルートで弁慶さんに泣きそうになった私は馬鹿ですか。
だって…!(笑)5章か6章辺りだったかな。
「僕は、すでに熊野に関わるものと戦うことにも慣れている」
その台詞を吐けるまでにどれほどのものを背負ってきたの。そう思ったら涙出てきた。切ないより悲しい。悲しいより寂しい。あぁだからこの人は拒否られても追いかけなくちゃ捕まえられない人なんだ、と。思ったとです…。思ったとですよ…(目を逸らしつつ)
きっと私は全部終えたらもう一度弁慶さんをやるんだろうなぁと思います(笑)

次はリズ先生!
遙かなる :: comments (0) :: trackbacks (0)
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>